2013年12月25日

2014年春の岩波文庫リクエスト復刊

2014年春の岩波文庫リクエスト復刊は2月19日発売予定。( )内は前回の重版年。

■海国兵談 林子平述,村岡典嗣校訂(01)
■佐藤一斎 言志四録 山田準,五弓安二郎訳註(99)
■トゥーキュ ディデース 戦史(全3冊)久保正彰訳(08)
■単子論 ライプニツ 河野与一訳(06)
■ブルーノ シェリング 服部英次郎,井上庄七訳(03)
■認識の対象 リッケルト 山内得立訳(88)
■現世の主権について 他2篇 マルティン・ルター 吉村善夫訳(96)
■エネルギー オストワ゛ルト 山県春次訳(91)
■三条西家本 栄花物語(全3冊) 三条西公正校訂(97)
■女殺油地獄・出世景清 近松門左衛門 藤村作校訂(92)
■菅原伝授手習鑑 竹田出雲 守随憲治校訂(95)
■みれん シュニッツラー 森鴎外訳(07)
■あひゞき・片恋・奇遇 他1篇 二葉亭四迷訳(04)
■辻浄瑠璃・寝耳鉄砲 他1篇 幸田露伴(91)
■嵐 他二編 島崎藤村(86)
■照葉狂言 泉鏡花(89)
■辰巳巷談・通夜物語  泉鏡花(07)
■泣菫詩抄 薄田泣菫(99)
■長塚節歌集 斎藤茂吉選(00)
■チュルゴオ 富に関する省察 永田清訳註(87)
■フランスの内乱 マルクス 木下半治訳(08)
■理解社会学のカテゴリー マックス・ウェーバー 林道義訳(04)
■ヒッポリュトス−パイドラーの恋 エウリーピデース 松平千秋訳(05)
■クリスチナ・ロセッティ詩抄 入江直祐訳(06)
■プリンス・オットー スティーヴンスン 小川和夫訳(92)
■三十年戦史(全2冊) シルレル 渡辺格司訳(07)
■牡猫ムルの人生観(全2冊) ホフマン 秋山六郎兵衛訳(92)
■冬物語−ドイツ ハイネ 井汲越次訳(00)
■美しき誘い 他1篇 シュトルム 国松孝二訳(92)
■悪童物語 ルウドヰヒ・トオマ 実吉捷郎訳(87)
■ディカーニカ近郷夜話(全2冊) ゴーゴリ 平井肇訳(06)
■民衆の敵 イプセン 竹山道雄訳(06)
posted by 南野靖一郎 at 13:23 | TrackBack(0) | 2013年

岩波茂雄―リベラル・ナショナリストの肖像

岩波茂雄――リベラル・ナショナリストの肖像
中島 岳志
岩波書店
売り上げランキング: 187,030

自筆原稿・百名を超える関係者による追憶文・往復書簡など、膨大な伝記関係史料を使って、岩波書店創業者・岩波茂雄のリベラル・ナショナリストとしての生涯と、近代日本の出版文化の基礎を築いた出版人としての事績をたどる。吉田松陰を敬愛し河上肇訳『資本論』を公刊した岩波には、煩悶と愛国が同居していた。ナショナリストにしてリベラリスト、リベラリストにしてアジア主義者というある明治人による広角度の出版活動を、分裂ではなく統合の位相で捉える、書き下ろし評伝。岩波とその時代の風貌が鮮やかに甦る。

拙著『岩波茂雄』について(中島岳志)
posted by 南野靖一郎 at 13:09 | TrackBack(0) | 2013年

2013年12月13日

スターバックス併設公共図書館への生徒の立ち寄り禁止を撤回

佐賀県立武雄青陵中(武雄市)は、大手コーヒーチェーンスターバックスが併設されていることを理由に、生徒だけでの立ち寄りを制限していた「武雄市図書館」に対するルールを樋渡啓祐市長の批判を受けて見直し、登下校中に利用できるようにした。武雄市は図書館の運営を4月から、レンタル大手TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブに委託し、「スターバックス」が館内に出店し、利用者が増えていた。ただ武雄青陵中は、登下校中に生徒だけで飲食店に出入りすることを校則で禁止しており、図書館もスターバックスがあるからと、保護者同伴でない限り寄らないよう求めていたもの。樋渡市長は市議会本会議で、「非常に不見識だ」と学校の対応を批判。県学校教育課によると、武雄青陵中はあらためて内部で協議し、公共施設である図書館の利用を制限するべきではないとの結論に達したという。(産経新聞)
posted by 南野靖一郎 at 18:59 | TrackBack(0) | 2013年

古書ミステリー倶楽部(光文社文庫)

古書ミステリー倶楽部 (光文社文庫)

光文社 (2013-10-08)
売り上げランキング: 27,653

江戸川乱歩の名作「D坂の殺人事件」は古本屋の女房殺しを描いたものである。これは乱歩が本郷団子坂で古書店を営んでいた経験が執筆の契機だった。新刊書と違い、複数の人の手を経た本には、持ち主の書き込みや挟み込みがあったり、本自体の来歴にも謎めいた要素が尽きない。そんなミステリアスな古書を題材に、斯界の名手たちが腕をふるった12篇を集めた傑作アンソロジー! 知人が遺した古書から、ある家族の因縁が浮かび上がる「二冊の同じ本」(松本清張)、女性ばかりが集う文芸同人誌を指導する新進男性作家の身に起きた事件とは「献本」(石沢英太郎)ほか。
posted by 南野靖一郎 at 18:55 | TrackBack(0) | 2013年

「富士見新時代小説文庫」創刊

jidaishosetsu_top
富士見書房は12月14日、時代小説の新レーベル「富士見新時代小説文庫」を創刊し、南房秀久『おっとり若旦那事件控(1)大江戸世間知らず』など全6点を刊行する。予価580円、256ページ前後を予定し、電子版も紙版とほぼ同時に発売される。同レーベルでは、ライトノベルを中心とした他ジャンルからの転向作家や、新人を起用する。編集方針として、男性向けの「キャラクタ活劇もの」、女性向けの「女流お仕事&人情もの」という2つのラインを設定し、創刊ラインナップでは各ライン3点ずつ刊行。また、作品の制作方法は、編集者と作家のアイデアを出しながら作っていくとのこと。

同社では、「ラノベの手法と類似しているマーケットに合わせた作品作りで、ターゲットはラノベ読者の上の世代。ラノベマーケットは成熟状態、書き手も層が厚くなり、ジャンルを超えて才能を発揮している人が増えている」とし、今後は、3月まで月2点、5月からは隔月の3点刊行を予定している。
posted by 南野靖一郎 at 18:49 | TrackBack(0) | 2013年

「文春e-Books」創刊

文藝春秋は新たに電子書籍レーベル「文春e-Books」を12月13日に創刊した。

初回は、鳥集徹「腰痛治療革命 第一人者が教える7つの新常識」、藤吉雅春「ヒトは何歳までセックスできるのか?」、文藝春秋編「老後の医療 よりよく生きるために」の3点で価格はいずれも299円。今後、「電子書籍でしか読めない本」として「週刊文春」の連載記事や書き下ろしなど、月1回数点ずつを発行していくとのこと。Kindleストア、楽天kobo、紀伊國屋書店、BookLive!、hontoなど主要書店で取り扱っている。(新文化紙ほか)
posted by 南野靖一郎 at 18:42 | TrackBack(0) | 2013年

2013年12月11日

World Radio TV Handbook 2014


World Radio TV Handbook 2014:The Directory of Global Broadcastingが1月に発売予定で、Amazonで予約受付中 もう68版だそうです(^^ゞ

In the 68th edition of WRT Handbook, this great directory continues to offer the most comprehensive guide to broadcasting on the planet. Completely revised and updated, this new edition is the most accurate guide to national and international SW, MW, and FM broadcasting available. The World Radio TV Handbook is divided into a number of sections covering numerous topics, from National Radio - which looks at the world's domestic radio services, listed by country and including contact details, to International Radio - featuring full facts about all broadcasters transmitting internationally; and from Television Broadcasts - which details the world's main national broadcasters and large regional networks to frequency lists of all MW and international and domestic SW broadcasts. Also included in this revised edition is a reference section that contains listings of international and domestic transmitter sites, standard time and frequency transmissions, DX Club information, as well as other essential print and electronic resources.
posted by 南野靖一郎 at 08:24 | TrackBack(0) | 2013年

2013年12月08日

BCLライフ2014

BCLライフ2014 (三才ムックvol.670)

三才ブックス
売り上げランキング: 1,981

恒例の「BCLライフ2014」が12月17日に発売されます。今回の内奥は、
●カラー企画
・ラジオNIKKEI本社移転! BCL60年の歴史を資料とともに振り返る
・現役受信機材徹底比較
・徹底検証! 高性能SDR・Studio1の実力
・短波放送が終了するロシアの声・チーフアナウンサー独占手記 ほか
●第1章「海外放送の最新情報」
・オススメ日本語放送
・オススメ外国語放送
・バンド別「聴きどころ」教えます
・BCL今後の展望 ほか
●第2章「受信機材使用レポート」
・廉価版SDR「FDM-S1」の使い勝手
・小型中国製ラジオ徹底比較
・期待のループアンテナ・LA800の実力
●第3章「もっと楽しく! BCLライフ」
・海外現地受信の新たな楽しみ方(オーストラリア編)
・ネットオークションでのラジオ見極め術
・北朝鮮の音楽研究 ほか
また、特別付録として、「山田耕嗣コレクション 幻の激レア音源集」が付いています。
posted by 南野靖一郎 at 07:24 | TrackBack(0) | 2013年